スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

簡易ロケットストーブの作り方

2006年広島三和(みわ)町で誕生したロケットストーブ

夢の薪ストーブではありませんが、作り方が簡単で
火つけもよく完全燃焼するので、とても便利だそうです

この簡易ロケットストーブを作れるようになりたいと
"美山里山舎"のワークショップでペール缶を使った
簡易ロケットストーブを作りに参加しました(上は完成品)

ロケットストーブの作り方

◆用意する材料と道具:
・ペール缶(20L)2個 ガソリンスタンドでもらえる??
・煙突半直筒1本
・L字煙突(エビ曲がり)2個 または、L字煙突1個+T字煙突1個
・ステンレス針金
・アルミテープまたは、アルミホイル
・パーライトまたは土(建築用の黒曜石パーライトもしくは園芸用)50L
・電動サンダー または、金切りばさみ
・インパクトドリル または、錐(きり)

ペール缶はフタを取って、中のオイルをふき取る
ペール缶を2段に重ね、組み立てた煙突の高さを見ながら見きり、印をつける

ロケットストーブの作り方

【できあがり目標】炎の吹き出し口となる半直筒の先が上部の缶の底に
開けた穴のすぐ下に収まるように、燃料投入口の煙突を挿入する穴は
地面から6cmほど上部に開ける

ロケットストーブの作り方

最初にペール缶(下部用)に煙突の直径に合わせた穴を下方に開けるため

ロケットストーブの作り方

太マジックでマーキングをする(できるだけたくさん切れ目用の線を入れる)

ロケットストーブの作り方

カッティングで電動サンダーを使用する際は、危険なので保護メガネを着用
金切りばさみを使用する際は、、ドリルで穴を開けてハサミを入れる

ロケットストーブの作り方

切り取った部分は内側に軽く曲げる

ロケットストーブの作り方

次にペール缶(上部用)の底に煙突の直径大より少し大きめの穴を開ける

ロケットストーブの作り方

穴の開け方は下部の場合と同じだが、最後に内側までしっかりと折り曲げる

ロケットストーブの作り方

L字煙突をペール缶に入れ、片方の口を上部の穴から出し、
片方の口を半直筒の煙突に接合する

2つのペール缶を重ねて接合してしまう前にパーライトを1缶ごとに充填する

ロケットストーブの作り方

底に穴を開けたペール缶(上部用)を底を上にして乗せ、2つのペール缶の
接合部分をドリルで開けた小さな穴に針金を通してねじり留めし、次に
煙突とペール缶(下部用)の隙間をアルミテープまたはアルミ箔で埋める

同じように上部用のペール缶(ペール缶と煙突の隙間)にもパーライトを充填
パーライトが煙突に入らないよう、あらかじめ煙突の口にカバーをかけておく

ロケットストーブの作り方

下段の口より丸めた古新聞などに火をつけて入れ

ロケットストーブ

乾いた木片やスギの葉などを燃やす

ロケットストーブ

煙が上の口から抜けていれば完成!
魚などを焼くときは下の口で、ピザ釜等は高温になる上部に乗せるとよい
(写真の美山里山舎オリジナルのピザ釜は換気ができるようになっている)

ロケットストーブは、この他にもいろいろ作り方があるようです^^
※詳しくは…日本ロケットストーブ普及協会(FEF)

田舎暮らしに憧れて

田舎暮らしに憧れ続け、太い梁のある手頃な古民家を探している私

【古民家の定義:通常は戦前以前のもの、特に大正以前のもの】


田舎暮らし

知人が見せてくれた民家(京田辺市)は戦後、昭和20年頃のもので
長い間使われていないため、ひどく痛んではいたが、敷地は広く

田舎暮らし

私の心を捉えて揺さぶって離さないものがあった

祖父母の家(実家)の庭の桜の樹を想わせる
南向きの縁側の前庭に屋根に覆い被さるような大きな桜の樹があった

私は写真に撮られるのが昔からあまり好きではなかったので
父のカメラが向けられるといつもむくれて半べそになっている

そういえば、この桜の樹の下でも、アマリリスの花の前でも…
いつもこの樹の下でスピッツ二匹と一緒におままごとをしていたっけ

写真探してみようっと…

郡上八幡への憧れ

一昨年の春郡上八幡に行って以来
何度も言うようだが、私は郡上の虜

今年は、郡上おどりに毎年行って一晩中踊り明かしている
という友人に写真を送ってもらって溜息をついていた

今晩、大好きなBSの「新日本風土記」で郡上踊りの特集があった

ここの頼母子講(たのもしこう)は自らのためでなく
郡上のまちのため

私も新しい下駄を買って、来年こそはお盆に
郡上おどりを踊り明かしたい

どちらも豊かな清流のある古い城下町

郡上八幡

母の手作りモンペ

うちの母は、7人兄弟の末っ子のお嬢さま

父とは見合いで結婚をしたらしいが、驚いたことに
始めはご飯の炊き方さえも知らなかったそうだ

働いた経験など一度もない箱入り娘だけれど
洋裁、和裁、手編み、機械編み、手芸、パッチワークと何でもこなす

洋裁は製品があれば、パターンもおこせるので
小さいころから私の洋服は、ほとんどが母の手づくり

ティアードパンツ

これは先月頼んで作ってもらったティアードパンツ
ティアードパンツというのは、一見スカートのようなパンツで
仕事でもほとんどパンツを履く機会の多い私にとって
ふんわりして足さばきが軽やかなこのデザインはかなり魅力的

ティアードパンツ

その変形版のワイドパンツはモンペっぽくとリクエストしたもの

モンペ風

そして、これは、いらなくなった洋服を可愛い柄だからと
母がモンペ風に作りかえてくれた第一号の私のモンペ
丈夫な綿素材ではないが、肌にやさしい生地なので気にいっている

おくどさん

偶然つけたTV画面で、流暢な日本語を話す外国人の女性レポーターが
鳥取の古民家でかまどご飯炊きを体験して感動していた

番組名は、「大阪発!ローカル線ぶらり途中下車2012夏
女ひとり旅「因美線・若桜鉄道編


鳥取県智頭町市瀬 板井原集落にあるお食事処「火間土(かまど)
要予約 炊飯体験(日曜のみ)@2,000円
かまどめしセット1,300円
TEL.月〜金:0858-75-2555/日:0858-75-1229

そこそこ鉄子の私にとって、
それはそれは、行ってみたい場所のひとつとなった

私の夢は、モンペを履き古民家に住んで田舎暮らしをすること
特に「おくどさん」(かまど)にずっと憧れている
(家のキッチンの改装なんかもとにかくどうでもいいので先延ばし)

お風呂なども、できれば昔、おばあちゃん家で入った五右衛門風呂が
理想(入ってみた〜い)などだけれど、なかなか見ることさえできなくなった

おくどさん
120年以上前に作られた旧家の大きなおくどさん(京都府)

おくどさん
こちらも270年前に建てられた旧家のかまど【復原】(京都府)

おくどさん
これも最近になって作られたおくどさんだけれど(京都府)

今はおくどさんを作ることのできる職人自体が数少ないそうだ

小さな集落で、高齢者や若者などが気軽に集える場所を作り
そこで美しい景色を眺めながら過ごしたい…

| 1/1PAGES |