<< 猛暑お見舞い申し上げます! | main | 母の手作りモンペ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

おくどさん

偶然つけたTV画面で、流暢な日本語を話す外国人の女性レポーターが
鳥取の古民家でかまどご飯炊きを体験して感動していた

番組名は、「大阪発!ローカル線ぶらり途中下車2012夏
女ひとり旅「因美線・若桜鉄道編


鳥取県智頭町市瀬 板井原集落にあるお食事処「火間土(かまど)
要予約 炊飯体験(日曜のみ)@2,000円
かまどめしセット1,300円
TEL.月〜金:0858-75-2555/日:0858-75-1229

そこそこ鉄子の私にとって、
それはそれは、行ってみたい場所のひとつとなった

私の夢は、モンペを履き古民家に住んで田舎暮らしをすること
特に「おくどさん」(かまど)にずっと憧れている
(家のキッチンの改装なんかもとにかくどうでもいいので先延ばし)

お風呂なども、できれば昔、おばあちゃん家で入った五右衛門風呂が
理想(入ってみた〜い)などだけれど、なかなか見ることさえできなくなった

おくどさん
120年以上前に作られた旧家の大きなおくどさん(京都府)

おくどさん
こちらも270年前に建てられた旧家のかまど【復原】(京都府)

おくどさん
これも最近になって作られたおくどさんだけれど(京都府)

今はおくどさんを作ることのできる職人自体が数少ないそうだ

小さな集落で、高齢者や若者などが気軽に集える場所を作り
そこで美しい景色を眺めながら過ごしたい…

スポンサーサイト

| - | 23:59 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://lalalasayu.jugem.jp/trackback/1190

Trackback