<< 賜物 | main | 郡上八幡への憧れ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

経過報告

術後1週間、長らくおさぼりしてしまいましたが元気です

おかげさまで経過はまずまずのようです
一日おきに創交換(消毒)病院通いしていますが
抜糸も来週の火曜日に決まり、あとはリハビリです

でも…ごく簡単な手術と聞いていたので気楽に考えていたら
少しとんでもないことが(苦笑)

手術当日、すっぴんは絶対に罪だと思ったのでコンタクトを外し
メガネをかけ、マスクをして行きました

どこかの部屋の片隅で、チョンとハネるくらいだろうと思っていたら
手術室の控え室に案内され、手術着に着替えるように言われました

次に完全武装の看護師さんに「どの香りがいいですか、この4種類
の中から選んで下さい」と尋ねられ、驚きました
ラベンダーにグレープフルーツ、オレンジの香り等がありました

次に「音楽は何にしますか」と問われ、またまた驚きました
そういえば、最近は手術室で好きな音楽を掛けてくれてたっけ…
これも、やっぱ手術なんだと再認識(笑)

手術室に入ると十字架のような(左手を真横に伸ばせるように)
手術台に横になり点滴をしました
実は、4回も失敗したので右手も今も青あざだらけ(笑)

大好きなグレープフルーツの香りが枕元に置かれ、お願いした
オルゴールの曲が流れ、麻酔の先生!?がついてくださっています

局所麻酔の後、前!?に消毒のためのヨードチンキをたっぷりと
左腕上腕部から指の間まで腕全部に掛けられました

その後は、腕から下は、仕切られて処置が見えなくなりましたが
局所麻酔なので先生方がおっしゃっていることは全て聞こえます

上腕に止血帯(タニーケット)を巻いて手指の血流を止め皮膚を
切開しても出血しない状態にするのですが、これが思いのほか
痛くてたまりません

先生の「これから切開しますね」と声は聞こえますが感覚はなし
ガチャガチャと金属音「大きいなぁ、こぶ?が通常の3倍はある」
「これほど大きいのは見たことないよ」というのが聞こえる

腱?からゴリゴリと削ぐようなとても鈍い感覚を感じる
「相当痛いの我慢されてたんですね」という声に
思わず涙が出そうになりました

縫合の間もずっと手を握ってくれていた誰かの指が
神さまの手のように感じたほどです

とにかく手術は、うまくいったようなのですが、
どうもヨードが私の体質には合わなかったらしく
左腕全体にとてもひどい発疹が出てこちらも別途通院中

私、頬に吹き出ものが一つできても外に出たくなくなるのに…
毎日長袖着ています(苦笑)

120914

案じていたのか、ただの女心か、手術の直前に傷のない
きれいな手首を撮った写真が妙に懐かしいです(笑)

スポンサーサイト

| - | 12:59 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://lalalasayu.jugem.jp/trackback/1229

Trackback