<< 無い虚几(むいきょふう)墨彩画展 | main | OSAKA 18:43 >>

来島海峡 観潮船

実は、12日の夕方から主人の松山出張にことかけ、お墓参りと
母の喜寿のお祝いのため愛媛へ3日ほど帰省していました

翌日、久しぶりに大好きな海を堪能したくて、今治側から、しまなみ海道
来島海峡大橋を渡り、向かいの大島の亀老山展望公園に上りました

大島 亀老山展望公園

しまなみ海道・来島海峡大橋

少しガスっていたものの、お天気もよく暖かで思っていた以上の眺望です

しまなみ海道・来島海峡大橋

展望台まで上ると少しずつ来島海峡が見渡せるようになってきました

しまなみ海道 来島大橋

晴れた日には西日本最高峰「石鎚山」を眺める事ができると後で知りました
360℃の大パノラマ

来島海峡

島の浜辺も、海も穏やかできれいです

しまなみ海道・来島海峡大橋

来島海峡観潮船

伊予大島 下田水港から来島海峡観潮船に乗船

本当に穏やかで暖かい日でしたが、海風はまだまだ寒く、波しぶきもかかるため
専用のジャケット(無料)着用を絶対にお勧めします

来島海峡観潮船

白い大橋が横たわるこの青い海、空と区別がつけづらいほど

来島海峡観潮船

大きな橋の下をゆるりとくぐり抜け

来島海峡観潮船

大きな橋桁を目の前にすることができます

来島海峡観潮船

来島大橋に使われた鉄の重さは約10万t、コンクリートの量もおよそ48万㎥
コンクリートミキサー車10万台分だそうです

来島海峡観潮船

来島海峡観潮船

来島(周囲わずか850mの小さな島)

来島海峡観潮船

波止浜湾の造船所

来島海峡観潮船

巨大クレーンが立ち並ぶ造船所のどっくのこんな内部まで入れた上、

来島海峡観潮船

運が良ければ進水式も見られます

来島海峡観潮船

来島海峡観潮船

こうして、30分以上あらゆる角度から大橋を見れます

来島海峡観潮船

糸山展望台の近くに彼岸桜が咲いているようです(中央の桃色部分)

来島海峡観潮船

来島海峡観潮船

来島海峡の複雑な海上交通を24時間体制で監視し、船が安全に通航が
できるように航行管制や情報提供を行っている来島海峡海上交通センター
ここ今治市は、日本一の海事都市です

来島海峡観潮船

中渡島潮流信号所(明治42年、日本で最初に作られた潮流信号所)
平成24年3月26日、103年の幕を閉じました

「一に来島、二に鳴門、三にくだって馬関瀬戸」とうたわれたように鳴門海峡、
関門海峡とともに日本三代急潮として知られています

来島海峡観潮船

来島海峡観潮船

馬島の奥の浜は、あんなに静かなのに、あの岩場あたりから手前は

来島海峡観潮船

白波が立ち渦が巻いています(お地蔵さんが立ってます)

来島海峡観潮船

来島海峡観潮船

何?これ?複雑な潮目があちらこちらで見られ、海の難所というのもわかります

来島海峡観潮船

来島海峡観潮船

来島海峡観潮船

来島海峡観潮船

来島海峡観潮船

来島海峡観潮船

下船の際、澄みきった海をのぞくと桟橋の下に小魚がたくさん泳いでいました

来島海峡大橋

さっきの糸山展望台に向います

来島海峡大橋

見事な彼岸桜でした

来島海峡大橋

一足早いお花見に心が踊ります

来島

来島海峡大橋

今日は一日、本当の春のように陽気なお天気…

大浜

いつもは、帰省の際は、伊予水軍へ行くのがお決まりなのですが、
14時をとうに過ぎ予約もしていなかったので、磯料理と仕出しの店「大浜」

大浜

大きな生けすにたくさんの瀬戸内の魚が泳いでいます

大浜

新鮮なお魚料理に舌鼓^^

大浜

バリィさんもあちらこちらにご出張^^

大浜

また、観潮船に乗りに帰ろう…そう何度も思いながら来島海峡を後にしました


◇来島海峡観潮船の予約・問合せ:(およそ40分@1,000円)
   乗船2日前まで…(株)しまなみ TEL:0898-25-7338
   前日と当日…道の駅よしうみいきいき館 TEL:0897-84-3710

スポンサーサイト

| - | 23:59 | - | - |

Comment

おかえりなさい
懐かしい写真を沢山ありがとうございます
特に大島、下田水、亀老山は嫁さんの両親の出身地で健在の頃は毎年帰省していました
子供が小さい時は名駒海岸に海水浴に行きましたよ
今も亀老山の麓の高龍寺さんに両親は眠っていますので墓参に帰っています

| 今田 | 2013/03/18 8:04 PM |

今田さん、ただいまです^^
偶然とはいえ、またまた驚きです
観潮船に亀老山展望公園もっと、もっとたくさんの人に知ってもらいたいと思います!

| さゅ♪ | 2013/03/18 11:04 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://lalalasayu.jugem.jp/trackback/1329

Trackback