<< 春の足音 クロッカス | main | 私の好きな鹿背山の風景 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

時代の波にのまれてしまった風景

JR木津駅の東側に新しく"まち"ができました
今はむき出しの山の斜面が桜色に染まるのが楽しみでもあります
木津川市鹿背山
木津駅を出発した電車の車窓から、いろんな横顔が見えてきました
木津川市鹿背山
木津川市宮裏辺り鹿背山北部の開発が進んでいるのが見えます
木津川市鹿背山
と…鹿背山に入った途端…
木津川市鹿背山
ことごとく何にもなくなってしまった光景を目の当たりにして
私は心がえぐられ言葉までも失ってしまいました
木津川市鹿背山
地元住民の力でこの荒波から残せた自慢の大仏鉄道の赤橋も(2年前に撮影)
木津川市鹿背山
今は、ここだけ、こうして金網越しでしか見ることができません
木津川市鹿背山
その赤橋のアバット(橋台)の上からも見ることのできた(2年前に撮影)
木津川市鹿背山
のどかな田舎道のうねる鹿背山の風景も(9年前に撮影)
木津川市鹿背山
今は、山もなくまっ平らな広大な住宅地
木津川市鹿背山
当り前なのかもしれないけれど、時代の波にのまれてしまった
これらの風景はもう二度と見ることはできません

何が悪いとかいいとか、そういう問題ではなく、ただ大好きだった
あの風景がもう見れないと思うと、昔撮った写真や心の風景が
愛おしくてなりません

ここは、木津川市鹿背山大仏鉄道梶ヶ谷隧道あたり
でした…
 

スポンサーサイト

| - | 14:10 | - | - |

Comment

こんばんは!!
拙稿にもあたたかいコメントくださいまして本当にありがとうございます。
いつもいつもすみません。

鹿背山と大仏鉄道の風景…
僕も大好きでした。
時代の流れなんでしょうか。あの道を抜けて観音寺経由で加茂に行くのが大好きでしたから。

こころの風景がなくなっていくのは淋しい限りですね。


でも、また訪ねますよ。
走りますよ。


これからも。

| たくじろう | 2014/03/11 7:26 PM |

いやぁ…………言葉も無い…

今はこんな状態なのですか…
Googleで見ましたが、工業団地と住宅団地のような感じですね…
全ての開発がダメだとは言いませんが、ただただショックです。

| Takai | 2014/03/12 10:38 AM |

たくじろうさま、しかたないのですよね・・・
こうやって歴史が流れていっているのですものね^^;

今日は、あたたかいので、午後から時間を取って
少し歩いてみようと思っています^^

| さゅ♪ | 2014/03/12 11:05 AM |

Takaiさま、いずれひとつの街として賑わうのでしょうけど
残ってほしかった風景でもあります^^
また、近況お知らせ致します!

P.S.最近はFace Bookの方が簡単なのでなかなかblogにまで
手が回らず、すみません^^;

| さゅ♪ | 2014/03/12 11:32 AM |

時代はそうして変わっていくわけですけど…

東日本大震災後の集団移転の所に、タ◯ホームとかの幟が立っていて、地元の色も無い建物が建つと思うと、別な意味で悲しくなってしまった私です。

実は、私も楽なのでFacebookがメインなりつつあります(^_^;)

| takai | 2014/03/17 3:15 PM |

Takaiさま、日本と外国では気候や風土、建物の構造自体が違うために古い家が今に残りにくいのでしょうか。
それでけでもないような気もしますが…

昨日は、地元鹿背山のお年寄り12人にお集まりいただき、昔の分校の写真を見たりしながら、2時間以上お話を聞かせていただきました^^

| さゅ♪ | 2014/03/18 2:01 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://lalalasayu.jugem.jp/trackback/1421

Trackback