<< 伏見街道(深草・藤森・墨染)を歩く (第二弾) | main | ぼちぼち再開!? >>

伏見街道(深草・藤森・墨染)を歩く (第三弾)

6/13 伏見街道(深草・藤森・墨染)を歩く(第一弾・第二弾) 続き


藤森神社
◇お昼過ぎ「藤森神社」(京都市伏見区深草鳥居崎町609)へ到着

 こちらの休憩所でお昼休憩…

藤森神社
本殿 旧御所賢所【重要文化財】
神功皇后によって203(神功摂政3)年創建された皇室ともゆかりの深い古社


藤森神社
大将軍社 社殿【重要文化財】室町時代 永亨十年(1438)
足利義教建立

藤森神社
境内2ヵ所の紫陽花苑ではちょうど「あじさい祭」も開催中でした

墨染交差点
墨染交差点

墨染桜
◇「墨染寺(ぼくせんじ)」(京都市伏見区墨染町741)
平安時代、藤原基経の死を悲しんで歌人上野峯雄が歌を献じたところ
桜花が喪に服して墨染色になったといれ、この地、墨染の地名の由来となった

欣浄寺
◇滅多に見ることのできない「欣浄寺(ごんじょう)」の
本尊 毘盧遮那仏"伏見大仏"といわれ高さ約5.3m(江戸中期)

欣浄寺
大きさがお分かりになるでしょうか

欣浄寺

欣浄寺
深草少将( ふかくさのしょうしょう )像

欣浄寺
平安時代、小野小町を恋い焦がれて 百夜( ももよ )通いの
伝説に登場する人物・深草少将の邸宅跡と伝えられ、境内には
深草少将と小野小町の供養塔が並んでいます像
 

欣浄寺
またその前に少将遺愛の「墨染の井戸」があって、
「涙の水」とも「少将姿見の井戸」ともいわれています

欣浄寺
「姿見の池」の畔にひっそりと花開く半化粧

撞木町
◇「撞木(しゅもく)町」
道路の形が撞木(しゅもく、T字形)に由来し、江戸時代、
このあたりには遊里(遊廓)が設置されていました

「大石良雄遊興之地 よろつや」 の石碑
「大石良雄遊興之地 よろつや」 の石碑
元禄期、山科に隠居していた大石内蔵助が出入りしたといわれています

キンシ正宗

キンシ正宗
◇「キンシ正宗」(京都市伏見区新町11丁目337-1)


勝念寺
◇「勝念寺」(京都市伏見区石屋町521)

勝念寺
地蔵堂「身代釜敷地蔵尊"かましきさん"」 
地獄で釜茹でにされて苦しんでいる人の身代わりとなって
自ら煮えたぎる釜の中に入り、苦しむ人の苦を取り除き
安楽にそして、 幸せへと導いて下さるお地蔵様

伏見町屋

丹波橋通り
現在の丹波橋通り 油屋さんやお茶屋さんが建ち並び、
通りの突き当たりには伏見城天守閣が見えます

大黒寺
◇「大黒寺」(京都市伏見区鷹匠町4)
境内奥には、西郷隆盛が建てたという有馬新七ら寺田屋殉難九烈士の
墓碑をはじめ、伏見義民の文珠九助(もんじゅうきゅうすけ)、
木曽川治水工事の犠牲となった薩摩藩家老平田靭負(ゆきえ)の墓が

大栄寺
◇「大栄寺」(京都市伏見区東大黒町1032)
四面石仏(鎌倉末期) 十三重石塔の塔身に釈迦(正面)、
阿弥陀(右)、

大栄寺
薬師(左)、弥勒(後)

大栄寺
観音堂の千手観音菩薩

月桂冠(株)昭和蔵
月桂冠(株)昭和蔵
月桂冠(株)昭和蔵

京都市立伏見板橋小学校(下板橋)内にある道標
◇住吉小学校内にある道標
「東 右 京 竹田かいとう すぐハはた 柳谷道」
裏には「南 弘化4年(1847) 俵屋仁兵衛」
「西 すぐ京本街道 大津道 左り 京東西本願寺みち」
「北 右 阿波橋 左 京ばし ふね(年)乃り場」
 
伏見板橋児童館前の道標
◇伏見板橋児童館前の道標
「東 左りふねのり場」「南 右 京大津みち」とあります
年号「弘化4年」(1847)
このように往時は、このあたりには船着き場があり、この他
伏見中学校や住吉小学校等にも道標が残っていようです

このほかに「金札宮」(京都市伏見区鷹匠町八番地)や
宝海山「源空寺」(京都市伏見区瀬戸物町745)など
大手筋を歩いき、最後にちょっと黄桜 カッパカントリー
(京都市伏見区塩屋町228)で一息入れてゴール

京都市伏見区塩屋町
今回は、予定以外にもあれやこれやと行ったり来たりしながら
およそ12kmを制覇です^^

スポンサーサイト

| - | 13:01 | - | - |

Comment

高船に住んでいます。
何度か高船のことを記事にしていただいていたみたいで嬉しいです!
ご存知かもしれませんが、薮さんのおばあちゃんが前に亡くなられています。
良ければ、お墓にでも会いに行ってあげてください(^_^)
天国のおばあちゃんもきっと喜ぶと思うんです。
よければまた高船にいらして下さいね(^_^)

| まさ | 2014/08/24 1:46 PM |

まささん、こんにちは!

藪のおばあちゃんの記事を数回載せていますが、ご覧になっていただいたんですね。

初めて高船に入った時におばあちゃんがわざわざ石段を上がって来られ「帰りに野菜と持ってお帰り」と声をかけてくださって以来、私もお元気かなぁととても気になるほど、大好きなおばあちゃんでした!

息子さんの藪さんも存じていますので近いうちにお線香あげに行かせてもらいたいと思います。

最近は、Facebookばかりでなかなかblogを更新できていませんが、またたまにのぞきにきてください。

ありがとうございました!



| さゅ♪ | 2014/08/24 4:28 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://lalalasayu.jugem.jp/trackback/1437

Trackback