<< 今年のグリーンカーテン | main | 穏やかな一日 >>

待ちにまった・・・再建!!

友だちに高の原駅まで送ってもらうと
ちょうど木津駅行きの”きのつバス”が来たので飛び乗った
 

なのに木津駅につくと改札をくぐったあたりで
加茂行きの電車がむなしく出てしまった...
 

次便は30分後、私は少しでも早く「彼」に会いたくて
今度はタクシーに飛び乗り加茂町瓶原の恭仁京跡へ走らせてもらった
 

タクシーを待たせ滞在時間10分ほどではあったが、
突き抜けるような青空に向かって凛と建つ「彼」は
眩しいくらいに輝いて見えた
 

地元有志のみなさん、海住山寺のご住職の多大なご尽力のおかげで
「彼」は数十年ぶりにこの日を迎えることができたのだ
 

今日は、私にとっても生涯忘れられない日となりそうだ
 

その「彼」の名は、「恭仁宮大極殿阯」三宅安兵衛遺志建之碑

「恭仁宮大極殿阯」三宅安兵衛遺志之碑
国の史跡 恭仁京 大極殿跡の基壇下に「彼」は佇んでいた(今日から)

「恭仁宮大極殿阯」三宅安兵衛遺志之碑
道に面した東向きに「恭仁宮大極殿阯」と記されている

「恭仁宮大極殿阯」三宅安兵衛遺志之碑
昨日までは、ここで風雪に耐え横たわったままになっていた

「恭仁宮大極殿阯」三宅安兵衛遺志之碑
生々しい痕跡、史跡跡なので50cm以上掘り下げられないので丁寧に起こされたのが伺える

「恭仁宮大極殿阯」三宅安兵衛遺志之碑
西側の銘文には「昭和四年春 京都三宅安兵衛遺志建之」とある

「恭仁宮大極殿阯」三宅安兵衛遺志之碑
昭和4年当初はここに「彼」がに建っていた(後にここが史蹟 山城国分寺跡に指定され現在は、その碑のみが建っている)

「恭仁宮大極殿阯」三宅安兵衛遺志之碑
長い月日をこうして史蹟の隅で倒されたまま「彼」は過ごしてきた…(2015年1月撮影)

スポンサーサイト

| - | 12:58 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://lalalasayu.jugem.jp/trackback/1441

Trackback