<< 初公開 | main | 年に一度のお相伴 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

二月堂竹送り

朝霜が解け始めた頃、今年もまた二月堂竹送り
菜の花畑
現在活動中の二月堂に関わる講社は33、
そのうちのひとつ、山城松明講(やましろたいまつこう)は今年八本の竹を寄進する
竹林
本当にまっすぐで松明に最適な太さの竹は、千本に一本しかない
竹送り01
竹掘り起こし、選びに選んだ根つきの竹を掘り起こす
竹送り02
大根炊き
途中、普賢寺ふれあいの駅では大根炊きのお接待
大きな大根とおあげさんが竹の器に
ゆるキャラ
平城遷都1300年祭せんとくん(右)とまんとくん(左)もかけつけて
竹送り03
普賢寺 大御堂観音寺にて道中安全祈願
竹送り04
ご住職が思いを込め寄進者の名を記す
竹送り06
菜の花畑の中の参道を戻り、奈良街道を二月堂に向けて出発(春にはここは一面黄色い絨毯に)
菜の花
まだまだ小さくかたい花芽 やっと一輪…
信楽クツワ蔓
クツワ蔓」を背負う
信楽の江州紫香楽一心講(ごうしゅうしがらきいっしんこう)の人々と奈良坂で合流

【クツワ蔓】
東大寺では「藤蔓」と呼ばれ、地元ではクツワ蔓と呼ぶ
寒暖の差の激しい気候は、しなりのある良質のクツワ蔓は、
細やかな作業に適しており、最後まで焼けないため、
達陀(だったん)松明の芸術的な結び目を作るのに用いる
賽銭口
道中たくさんの方々が「賽銭口」にお心づけを
般若寺
般若寺楼門前
奈良市水道計量器室
奈良市東之坂町にある旧奈良市水道計量器室(大正9年頃竣工)前
竹送り08
竹送り05
人の肩と大八車に寄進竹を乗せて押し歩く
おせったい
転害門前広場では、地元の奈良街道まちづくり研究会のみなさんのお茶とぜんさいのお接待
竹送り09
この頃にはパトカーを従えてこんなに長い行列に
カウントダウン
「平城遷都1300年祭」開催まであと324日
竹送り10
南大門前で鹿も円らな瞳をまぁるく見開いて見物
二月堂到着
東大寺二月堂へ到着
奉納
たくさんの立派な寄進竹がをお水取りを待つ
二月堂より望む
二月堂参籠所
二月堂より奈良町を見下ろす
二月堂】東大寺の敷地内、上院地区と呼ばれる山の中腹にある
旧暦2月に「お水取り」が行われることから二月堂と呼ばれている
2度の戦火(平重衡の兵火(1180年)、三好・松永の戦い(1567年))にも
焼け残ったと言われているが、寛文7年(1667年)の「お水取り」で失火で焼失
現在の建物は、その2年後に再建されたもので2005年12月に国宝指定

 東大寺二月堂修二会(お水取り・お松明)は、3月1日〜14日まで毎日

スポンサーサイト

| - | 23:26 | - | - |

Comment

全行程歩かれたんですね。お疲れ様でした。

先日当方のブログのコメント欄で教えていただいたので、私も見物に行こうと楽しみにしていたのですが、前日飲み会で飲み過ぎて朝寝坊してしまい見物できませんでした。般若寺辺りで待ち構える予定だったのですが。

こちらの記事で一部始終を知ることができました。

| jp3pzd | 2009/02/16 12:44 AM |

jp3pzdさま、のぞいて下さって有難うございます!
旧奈良市水道計量器室を調べていてjp3pzdさまのブログに辿りついたことだけでも嬉しかったのに、崇拝する写真家の先生(勝手にすみません)にご覧いただけてとっても嬉しいです。
毎年通っておりますと、昨年と違う視点(アングル)で見ることができ、新たな感動を覚えます。
今週末は、木津川市山城町の居籠祭りです。

| さゅ♪ | 2009/02/16 12:13 PM |

早朝からの歳事のお供、お疲れ様でした。

それから、申し訳ないのですが、平安遷都じゃなくて平城遷都です。
よく間違える人がいるんです。50年前は「奈良遷都」だったそうです。

直したら、このコメントは消して結構です。

| 元奈良市民 | 2009/02/28 12:38 AM |

元奈良市民さま、わざわざお知らせいただきまして本当に有難うございました!先日、さっそく修正を致しました。(感謝!)

私も中学生の2年間だけですが、元奈良市民です。
なのに「平城遷都」お恥ずかしい(^-^;)
目も悪いのは確かですが、写真にもあれだけ大きく書いてますのにね・・・懲りずにまたよろしかったら遊びに来て下さいね。

| さゅ♪ | 2009/03/02 9:47 AM |

Submit Comment









Trackback URL

http://lalalasayu.jugem.jp/trackback/367

Trackback

修二会本行を待つお松明
 3月1日〜15日の東大寺二月堂お水取りの本行(お松明)を前に、お松明となる竹が各地から運ばれてくる。2月21日撮影。       2008年2月26日付朝日新聞奈良版によると、籠松明に使う竹は各地から50本以上奉納されるが、バランスのよい真っすぐな竹が求められ、

| jp3pzd's photo diary | 2009/02/28 12:23 AM |