<< 母の日のたこ焼き | main | 白川郷 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

岐阜 郡上八幡

4月26日 荘川桜(岐阜)を見に行く前に少し時間が取れたので
郡上八幡へ立ち寄りました

まず、城下町や奥美濃の山並が一望できる郡上八幡城へ上ってみることに

郡上八幡城

郡上八幡城の天守閣は築60年をこえる日本最古の木造再建城
(標高354mの八幡山山頂に立つ4層5階)

1559年(永禄2)に築城、現在の城は木造で1933年(昭和8)に
再建されたものですが、戦後の築城ブームで再建された多くの
コンクリート製の城とは一線を画した美しさは、作家・司馬遼太郎をして
日本で最も美しい山城と言われています

郡上八幡城下

見晴台からの眺望もとにかく抜群で…

郡上八幡城下

南側の町並みを望むと「魚」の形に見えます(右上▲:尾びれの部分)

城山公園

桜で有名な「城山公園」

城山公園「山内一豊・千代の銅像」

白亜の天守閣と城山公園にある「山内一豊と妻 千代」の像
(初代八幡城主遠藤盛数の娘が千代)

安養寺

城下にある「安養寺」(八幡町柳町)
木造の建造物としては岐阜県下で最大のものといわれ
「郡上御坊」の呼び名をもちます

柳町通り(安養寺前)

「安養寺」横、柳町通りの水路(そろそろ、かきつばたが咲く頃でしょうか)

水場(柳町)

童地蔵のいらっしゃる休憩所

鍛冶屋町

大正期以降に再建された袖卯建(そでうだつ)をもつ鍛冶屋町の町並み

職人町

郡上八幡の町は江戸時代と大正時代に2度も大火を経験したこともあり
家々の軒下に火の用心のバケツが吊り下げられていました

大手町イブキ商店前 丸ポスト

大手町イブキ商店前 丸ポスト

桜間見屋(南天玉)

「桜間見屋」の南天玉(八幡町本町)
明治20年創業の老舗菓子店
ザラメを原料にした昔懐かしいニッキ飴の肉桂玉(にっけいだま)が有名

宗祇水

宗祇水へと続く、この路地を入ると、ふ〜っと何やら懐かしいような
匂いがするので、どこからだろうと探していると、この赤壁の
「桜間見屋」さんのニッキの匂いでした

宗祇水

「宗祇水(そうぎすい)」【別名:白雲水】
国の「日本名水百選」第1号に指定されたことで有名になった湧水

宗祇水の名の由来は、連歌の宗匠として知られ飯尾宗祇が室町時代に
この泉に草庵を結んで、この清水を愛用したことから名づけられたもの
だといわれています

宗祇水

宗祇水

このように町の中に点在する「水舟」は約400年前に生まれたといわれ
竹樋やパイプなどから自宅に引き込まれた湧水は、段差のある水舟に
導かれます

一番水槽のきれいな水は飲用水として、また、食べ物を洗うのに使われ
2~3槽目は汚れた食器などを洗浄するために使われ、次いで魚などの
いる鑑賞池に流し込みます

食器を洗って出た残飯などは、ここに落とされて魚たちの餌となります
水舟を通った水は、裏庭の畑で使われたりして、最後に川に流されます
”名水の町”の指定をうけ、豊かな水の町であるからこそ、水を大切に使う
というわけです

宗祇水

新橋亭「山菜天ぷら定食」

新橋亭の「春の香り山菜天ぷら定食」ちょうど今日が初日なのだとか♪
「飛騨牛の朴葉味噌焼き」もおすすめです

新橋亭「山菜天ぷら定食」

郡上で採れたフキノトウ・ヨモギ・つくし・スギナ・コンテツ(コシアブラ)・フキ
・こごみ・チチナ(ツリガネニンジン)・タラノ芽・セリなど10種類の山菜が

新橋亭

ここから見る景色がまた素敵でした(写真撮っておけばよかった…)

郡上八幡旧庁舎記念館

郡上八幡旧庁舎記念館(昭和11年建造洋風木造2階建)
現在は、観光案内所として活用されている


コーヒー牛乳

懐かしい紙キャップの瓶入りコーヒー牛乳

いがわ小径

「いがわ小径」

いがわ小径

いがわ小径

鯉やあまごが泳ぐ水路沿いの素敵な小径でした

いがわ小径

吉田川

新橋から見た吉田川

吉田川親水公園

「吉田川親水公園」の遊歩道

吉田川親水公園

吉田川親水公園

郡上の町は、もしかしたら、私の一番好きな町になるかもしれません

スポンサーサイト

| - | 01:12 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://lalalasayu.jugem.jp/trackback/729

Trackback