宮城県七ヶ浜町 災害復興ボランティア(3月23日)

あれから早一週間が経ちました…
(年度末の仕事と写真整理に追われてすっかり遅くなってしまいました)

宮城県七ヶ浜町

3月23日、予定より1時間早く朝8時に七ヶ浜町(宮城県)に到着
昨晩7時に精華町(京都府)を出発して13時間

最初に目に入ったのは朝陽に照らされたたくさんの仮設住宅と

宮城県七ヶ浜町

この突き抜けんばかりの青空でした^^

宮城県七ヶ浜町

2つ目の写真でも仮設住宅が見えますが、宮城県のこの周辺だけでも、
いまだにたくさんの方々が仮設(緑の文字のところは全て)での生活を
余儀なくされている現状も私たちは認識しておかなければなりません

七ヶ浜町は、人口20,261人、世帯数6,451世帯、広さは、13.27平方km
精華町のほぼ半分ですが町の30%が浸水し、被災世帯も3,700世帯を越え
現在でも仮設住宅421戸、みなし仮設200強となっています

宮城県七ヶ浜町

ここは「ボランティアきづな館
発災の翌日、どこよりも早く七ヶ浜に入ったNPOレスキューストックヤードさんの
活動支援の拠点にもなっています(この建物は3/末閉館されたそうです)

この町のほぼ中央の小高い丘の上にあって、津波から免れたところで
浜を元気に!七ヶ浜町災害ボランティアセンター」等が集結しています


宮城県七ヶ浜町

これは、携帯の充電棚…こういうものも準備が必要、
ボランティア滞在場所の確保も不可欠です

宮城県七ヶ浜町

ブルーシートや段ボール等がまだ残っています
どれだけのボランティアが入られ復興支援活動をされてこられたことでしょう

宮城県七ヶ浜町

午前中は、被災の状況把握から直面している課題意識、理解を高めるため
「2011年3.11東日本大震災」発災〜現在に至るまで、被害状況・支援変化等
についてNPOレスキューストックヤード 石井さんから講義を受けました

宮城県七ヶ浜町

石井さんは、まだ20代、発災後、すぐにここに入られたそうです

*「東日本大震災から2年が経過、災害支援から復興支援、自立支援へと
 支援内容が大きく変化してきています でも、誰かが見てあげないといけない
 人達がいる…決して途切れてはならないのです」

宮城県七ヶ浜町

*「現場に来ることだけがボランティアではない」
*「関心が薄れることが怖い、忘れないでほしい」

*「この美しい海のある七ヶ浜に目を向けてほしい」
*「被災地ツーリズムなど、観光に是非来てほしい」

宮城県七ヶ浜町

お昼は近くの仮設商店街でラーメンの予定でしたが、残念ながらキャパがない
ということで「寿司喜」さんの『復興丼』@800円をいただきました
とても新鮮で美味しかったです!!

宮城県七ヶ浜町

昼食後時間があったので、「浜を元気に!七ヶ浜町災害ボランティアセンター
で地元の社協のボランティアの方のお話を聴いたり、美しかった頃の七ヶ浜の
ビデオを見ました

宮城県七ヶ浜町

社協の方がおっしゃっていました

*「周囲三方向を海にお囲まれたこの町には、国鉄がない、国道がない、
 川がない、100m以上の山がない、あるのは、アメリカまで果てしなく続く
 広大な海と美しい七つの浜だけ…」

宮城県七ヶ浜町

*「今、人が疲弊しきっている」
*「人と人とのつながり」が大切、人々が気軽に話せる場所作りが必要です」

宮城県七ヶ浜町

13:30町内の被災の状況を見学、現地を見ることにより、現場の感覚を認識

宮城県七ヶ浜町

少し小高いところのお家は残っていますが、この辺りは基礎の部分だけに…

宮城県七ヶ浜町

このよう壁の上からすぐのところまで津波が来て
そこから下の住宅は全て流されてしまったそうです

宮城県七ヶ浜町

菖蒲田海水浴場の松原の向こうはすぐに外海(太平洋)
震災以降、ここの海開きはまだ実現されていません

海開き、無理なのかなぁ
みんなでやれば、きっとできるような気がするのですが…

宮城県七ヶ浜町

サーフスポットで有名な小豆浜、防護柵がグニャグニャになぎ倒されて
いましたが、何人かサーファーも見られました

宮城県七ヶ浜町

高山国際村(外国人避暑地)に隣接している表浜
遺された松並木の向こうに何もなかったかのような美しい浜辺と海原が見えます

宮城県七ヶ浜町

西の菖蒲田海水浴場・眺望崎方面

宮城県七ヶ浜町

手ですくうと指と指の間からサラサラと流れ落ちてしまうほど細かな砂です

宮城県七ヶ浜町

他からもたくさんのボランティアの方が来られていました

宮城県七ヶ浜町

宮城県七ヶ浜町

花渕浜〜吉田浜 バスの車窓からまだまだたくさん爪痕が残っていました

宮城県七ヶ浜町

宮城県七ヶ浜町

ボランティアセンター近くのサッカーグラウンドのすぐ横に山積みされた瓦礫
これでようやく半分くらいになったそうです

宮城県七ヶ浜町

日本三景松島が一望できる多門山(標高55.6m)に案内していただきました

宮城県七ヶ浜町

次は、この島めぐりに来ましょう

宮城県七ヶ浜町

マンサクが満開でした(こちらとひと月気候が違うようです)

宮城県七ヶ浜町

4月下旬頃でしょうか…もうすぐここの桜も開花します
待ち遠しい春です

宮城県七ヶ浜町

15:00に今夜の宿「御殿場」に到着

御殿崎は、湊浜緑地海岸に隣接し、平安時代には松ヶ浦島と呼ばれ
当時は和歌の歌詞として、その名は京の都まで知られていました

宮城県七ヶ浜町

伊達政宗公もここからの景勝を愛し、仮御殿を設けたことから御殿崎と
呼ばれるようになったそうです(私の部屋から撮影)

過酷な車中泊で睡眠不足だったため、早めに休みました(2日目に続く)

瓦礫拾い 〜 宮城七ヶ浜町

アルミのバケツに 小さな瓦礫を拾って入れるたび
カランコロンと音がした

よく来たね 拾ってくれて ありがとう と 
小さくつぶやくような声がした

まるで復興の鐘の音のように
カランコロンと音がした

瓦礫拾い
(宮城県七ヶ浜町)

Kくん

彼(Kくん)が、ふるさとのW町を離れ関東へ行って
2度目の春が来ようとしている

そんな折、彼から先日、突然FBメールが届いた
あることで相談にのってもらいたいというものだった

私は折り返し、或る場所を提案した
彼から「まさにその場所の件だった」といわれ
まさかこんなこともあるのかと互いに驚いた

翌々日(昨日)久しぶりに里帰りした彼と待合せ
さっそく、その場所へ向った
話はとんとん拍子にまとまり、彼は夜行バスで帰っていった

どんなに小さくても、夢は実現させるもの

一息

マーチン×4

246246

昨日は、京都 四条大宮の studio 246 KYOTO
マーチンが大好きな仲間(中年男子)4人の集まり(練習)に
運悪く?運よく?中年女子ひとり引きずり込まれ(笑)

マーチン

カメラ担当だったはずだったのに…
なななんと、まんまとスタジオで歌?を歌うはめに

いくら昔の杵柄といっても、16,7年ぶり、おまけにほとんど
知らない楽曲なので歌詞はしどろもどろ、しかもソロなんて…

念のためにお断りをしておきますと…私はギターは弾けませんし、
アコースティックギターもマーチンかギブソンくらいしか知りません

楽譜

たくさんの楽曲の中で辛うじて何とか形になったのが「卒業写真」
やっぱ、いつまでたっても名曲ですよね〜♪

マーチン

リーダー的存在の元プロのSさんのマーチンはD-42

マーチン

きれいなヘッド…思わず見とれてしまいました

マーチン

Oさんの D28 というVintageもの
とてもいい音色でした〜♪

マーチン

みっちり4時間の練習の後は、もちろんみんなで打ち上げ
超久しぶりの夜遊び、ちょっと発散できたかな!?(苦笑)お疲れさま〜!!

みぞれ また雪!?

みぞれ

雪という予報通り、朝から雨に混じってみぞれが降りはじめました

みぞれ

やはり降り積もるような雪ではなさそうです

みぞれ

バスの時間が合わなかったのでバス停を3つほど歩きました
冷たかった足の中がぽっかぽかになりましたうふ

バレンタインチョコ×3

今年の主人のバレンタインチョコの数は3個

世知辛〜い世の中、会社では少し前からこの類はなくしたので
この数が一般的に多いのか少ないのか…僅かとも言えない

でも、今年は例年以上に品質(笑)がレベルアップ!?
ちょっと見、シックな茶色とピンクでまるでお揃

しかも、行きつけの虎ファンの歯医者さんでいただいたものらしい
歯医者さんでチョコ(笑)なかなか粋な歯医者さん

Valentines day chocolates

そして、もちろん、一番大きいのは、私からの本命チョコ
いつも1/2は私がいただきますも〜ん!大奮発!!

AKI+CAKES

恒例AKI+CAKES特製のボンボンショコラの詰め合わせ(15ヶ入@3,000)
                  ↑↑↑健全な姿はコチラで^^

因みに向って左の一番上のダークトリュフと、中央最下段のホワイトシトロエン
右端上からトリュフオランジェ、ホワイトトロピカルは、撮影中に失踪(苦笑)

P.S.
ただ娘からはまだ・・・電話せねば

いろんなことがいっぱいあった日

昨日の青空も素晴らしかったですね!
私も移動中、幾度となく見上げていました

午前中、或るフィットネスクラブにZumba(ズンバ)
エクササイズを見に行きました

スタジオにラテン系の明るい音楽が流れる中、
20〜70代の老若男女50〜60人(もっと?)がサルサなど
さまざまなリズムにのり、みなさんとてもエネルギッシュ!!
汗びっしょりになって踊ってらっしゃいました

しかも、本当に楽しそうで笑顔がはちきれんばかり、
私も運動不足解消にやってみたい!と思ったほどです

午後からは数週間ぶりにoff.だったので、月に2,3回は
駆け込むハンドマッサージでリフレッシュしました

私の場合、特に肘から下、手指だけでじっくり1時間かけ
オイルマッサージ、これぞ私の至福のひとときなんです

それで軽くなったとビシバシ酷使して、またお世話になる
という訳なのですが…(笑)いつもの整体にもそろそろ…です

それから、仕事用にEDWIN503WILDFIREを一本購入
昔からパンツはメンズのラインがきれいなので何本か持って
いますが、これはデニムなのに暖かいというのが魅力的

昔は私も裾上げをしなくてよかったのですが、最近の男子は
足がともかく長いので裾上げをしないといけなくなりました

夕方から、冷たい雨が降り始めましたが、いつも夢を語り合う
仲間やロシア経済専門の大学の先生と合流後、恒例の晩餐です

ロシア出張やしじみ研究の話で盛り上がり、嫌なことも忘れ
盛り上がっていたのに、寒気と吐き気に襲われ、一足早く退散

朝からお天気がよかったので、いつもより薄着をして、ホッカイロも
3個は身につけるところ1個だけだったので冷えたのでしょうか

熱気ムンムンのスタジオで動きもしないのに汗をかいて
そのままウロウロして、久々の休みに気が抜けたからでしょうか

実は今日は、熱でダウン中…
朝から食欲がなくてカフェオレをほんの少し口にしただけです

今は薬が効いて気分がいいのでfacebookを開いて元気をもらい
昨日、いろんなことがいっぱいあったので掻い摘んで書きました


始めたばかりのfacebook

つい最近、始めたばかりのfacebook
PC得意やのになんで〜とお尻を叩かれつつ、やっとこさ…

どなたかのfacebookを見ていたら
勤務先欄に「農業」と書かれてあった

あ”〜!!なんて羨ましい!!
私も早くそうなれるように頑張ろう…

しかし、登録するのに顔写真はいるは、生年月日はいるは
個人情報の方は本当に大丈夫なんだろうかとずっと尻込み

しかも私の写真は集合写真ばかりでトリミングすると
どれもサイズが小さすぎて表に出せるものではない

ただ、遺影用に笑顔の生前遺影写真だけは、
取引先のカメラマンさんに撮ってもらおうと決めている(笑)
とにかく写真は撮るばかり(撮られるのは苦手)

現実のおつきあいでめいっぱい、blogでほぼ飽和なのに
Twitter同様、facebookを使いこなせる自信がまるきしない

最近は、年齢記入必須となっているアンケートなども
どんなに景品がよかったとしてもほぼ自粛状態…(苦笑)

でも、昨日、そのfacebookでウン十年ぶりに連絡先不明の
中学校の同級生と連絡を取り合うことができちょっと嬉しかった

そんな中、友人ののログを見ていたら、急にチョコが食べたくなり
ついつい午前零時を回って口に入れてしまった

Chocolat

サーケーで一袋40g入りで105円の「禁断の苺」(の空き袋写真)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
苺なのに サクほろ…
苺を味わう、新食感ベリーショコラ
甘酸っぱい苺の味わいとサクほろ食感がクセになる

中が新食感ボールになっていてその周りを苺チョコレートで覆い
その周りに苺風味パウダーがコーティングされている

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
と外袋に書いてあった(お味は。。。お値段なりに)


立春

今日は、立春

また、この頃を「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」とも呼びます

梅の花は「春告草」ともいい、
東風(こち)が吹き、梅を咲かせます

この頃から少しずつ、確実にあたたかくなっていきます

月ヶ瀬の梅

出先で奈良 月ヶ瀬梅林の梅の小枝を二枝いただきました

月ヶ瀬の梅

少し膨らみかけた梅の蕾に春の風を感じます

どうぞ、よいお年を…

今年最後の日…

トイレを掃除して、玄関まわりを掃いて、テーブルカバーも掛け替えました

正月のお花は短く束ねた五葉松とオリーブ色したスプレーマム
ベルベットパープルのスイトピー等のシックなアレンジにしました

だし汁や数の子や大海老、お酒のあてになるおせちを少しだけ作って
明日からの新年を待ちます

季刊地域2012.12

さっき届いた「季刊地域」Winter2013 No.12 かわい〜い!!
「薪で元気になる!」薪の特集です

薪や薪ストーブの話、限界集落の人たちが作るスギの葉・割り箸炭・木炭の入った
弥太郎君」(NPO法人小河内Oプロジェクト)、含水率15%のスギ・ヒノキチップ
兵庫多可のたきつけ君」(北はりま森林組合)など読み応えがあるので、お正月に
しっかり読むことにします

季刊地域2012.12
(福島県南会津町の月田禮次郎さんの軒先の見事な薪棚)

季刊地域2012.12

明日は、初日の出が見られそうですね
みなさんも、どうぞよいお年を

<< | 2/18PAGES | >>